海に散骨する際の手順を知ったうえでお墓や霊園のことについて調査をしていく

業者の女性から説明を受ける男性

個人で霊園にお墓を持っていない、または残された家族に対して負担を掛けたくない、自分に万一の事があったら、大自然に還りたい等の理由で、近年では遺骨を海へ散骨する事を希望する方が増えているそうです。

1991年に葬送の為の祭祀としての、節度のある散骨は遺骨遺棄罪に該当しない事になり、事実上海への散骨が認められ、日本でも多くの人が散骨と言う方法を選択するようになりました。

散骨を希望する、またはこれから行うと言う場合にはどのような手順を踏んだら良いのでしょうか。先ず、遺骨を粉末状にしなければなりません。

遺骨の粉砕は個人でも行う事が出来ますが、専門業者に依頼する方が粉末化するには向いていると言われています。粉末化した後には、水溶性の紙に包んでおくと良いそうです。

遺灰が飛び散ったり、散骨する際にも手際よく散骨する事が出来るからです。次に散骨場所まで船で移動します。散骨業者に依頼する事で、海岸からある程度離れた沖合まで行く事が出来ます。

そして散骨を行います。この時に水溶性の紙に包んだ遺骨を海へ撒くのですが、故人が好きだった花や、音楽等も一緒に流す事も出来るそうです。

一連の散骨が終了したら、船着き場まで戻ってくる事になります。この際に、業者によっては、散骨証明書を発行してくれる業者があるそうです。

これは公的な書類ではありませんが、散骨を行った証明にはなると言われています。以上が散骨をする際の手順で、出来るならば専門業者に依頼する方が確実に散骨をスムーズに行う事が出来ると思います。