葬儀と葬儀の後の納骨式についてというのはお墓と霊園を選ぶことと同じくらいに重要

『HELP!』

大切な家族が亡くなって先ずやらなければならない事は、葬儀です。現実を受け入れる時間も無いままに行う事が多い葬儀ですが、葬儀の後にもやらなければならない事は沢山あります。

その中の一つが、法要と霊園などに納骨をするという事です。こうした葬儀の後の法要や納骨等について、どのようにしたら良いのでしょうか。

法要については、宗派や遺族の考えにより、何回忌まで法要をしてしまうケースも珍しく無いと言われています。地域によっても違いますし、それぞれに特徴的な習慣と言うものがあると思います。

納骨については、仏式では、霊園にお墓がある場合には、四十九日や一周忌等の法要に合わせる事が多いと言われています。お墓が無い場合には、一周忌を目処にして霊園にお墓を用意して、納骨する事が一般的だと言われています。

地域によっては、葬儀の後、納骨までしてしまう事もありますので、その土地柄に合った方法で行う事が良いとされています。

納骨の際に行われるのが、納骨式です。遺骨をお墓に葬る事を埋葬と言いますが、火葬した遺骨を墓石の下の納骨室に骨壷ごと収める事を指します。納骨室に遺骨を収める事により、埋葬は完了と見なされ、納骨式は故人の親族や親せき、極親しい友人、知人などの内輪で行う事が多いようです。

その際には本堂で法要を営み、その後お墓に出向き、お経をあげて貰う事が一般的です。以上の事は仏式の方法ですが、神式となると若干違いが出てきますので、注意が必要になります。