墓地を使用しなくなった場合どうしたら良いのかということは誰に相談をすればいいのか

霊園ではまれに墓地を使用しなくなる事があります。これは、承継者が居なかったり、代々受け継がれてきた墓地を何らかの理由で引越したり、理由は様々な物がありますが、墓地を使用しなくなった時には、速やかに施設の返還をする必要があります。

施設の返還を行う時にはどのような手続きが必要になるのでしょうか。墓地を何らかの理由で使用しなくなった場合には、遺骨の改葬を行うと共に、今まで使用してきた墓地を利用する前の状態に自費で戻さなくてはなりません。

分かりやすく言えば、墓地を取り壊す等して更地にしなければならないと言う事です。利用する霊園によっては、どこまで戻せば良いのかは変わってきますが、一般的には墓地を使用する前の状態に戻すと言う事が多いようです。

手続き上は、霊園の窓口に先ず相談し、使用者の実印、印鑑登録証明書、使用許可証、埋蔵施設使用終了届等を準備する必要があり、霊園によっては、管理料を日割り計算して、返還してくれる所もあるそうです。

他にも必要な書類がある霊園もあるようですが、一般的には上記のような書類が必要となる事がほとんどのようです。墓地を承継する人が居ない場合は、霊園によっては、遺骨を共同埋蔵する合葬埋蔵施設に共同埋蔵する事があるそうです。

これを施設変更制度と言い、合同で供養してもらう事が出来る制度なのだそうです。いずれの場合も一度使用している霊園に問い合わせる事が重要で、分からない事は確認をする事が大切になります。